トップ画像
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
メルボルンで歯医者さん:2 初診へゆくの巻
2010-08-11 Wed 11:42
dental_005.jpgdental_005.jpgdental_005.jpgdental_005.jpgdental_005.jpgdental_005.jpgdental_005.jpgdental_005.jpgdental_005.jpgdental_005.jpgdental_005.jpg

2、3件シティの歯医者さん、近所の歯医者さんに電話をしてみたけれどなかなか即日診てくれるところが見つからず、明日またお休みをとって出直すのも嫌だし、以前から近所で見かけていた全日受付可能の看板を出しているエマージェンシーデンティストをトライ。午後4時のアポイントメントをゲットしました。

お家でアイスパックしながら時間をつぶし、ぽっこり腫れたほっぺたを抱え、いざ歯医者さんへ。
心の中ではいくらかかるか予想のつかない治療費が心配‥でもこの痛みと腫れには耐えられない!

祈るような気持ちでハローと開けたドア。カウンターで迎えてくれた私の救世主となる歯医者さんDr.アニーダ、私をまじまじ見つめて第一声。

"Wow, look at your cheek swelling! Are you having toothache or something??? You look like you are in pain! Haha!"

”ワオ!ほっぺたちょー腫れてっけど歯痛いの?はは!”

って‥



だから来たんだろー!歯医者にー!

ここは歯医者なのか念のためきょろきょろして確かめてしまった私。歯間ブラシとか売ってるし、間違いはなさそう。腫れだして3日たっていた私のほっぺたはなかなかの見物になていて、気を抜くと唇も斜め下にでろーんと下がってしまうくらいになっていました。そりゃ、笑うわな(?うーん笑うかな?)。そしておかしくなってデへへと私も笑う。

初診となる今回は予約の際言われていた通り、First Check Up 初診/x-ray レントゲンで$150

まずは状態をみて今後の治療をカウンセリングです。Dr.アニーダはキウィ(ニュージーランド)なまりの陽気な先生で、カウンターでのこともあり、正直べごは半信半疑

おねがいしま~すとあんぐり、半分も空かない口を空け、下2本、半分頭を出している右側と、歯茎の中で私を苦しめている問題の左親知らず野郎を確認。レントゲンも取り、今後の治療についての説明をお願いしました。

今回のこのほっぺたの腫れは、親知らずから起きたただの炎症とあなどるなかれ、放っておくとほっぺた→首→胸→心臓まで感染させてしまう非常に危険なものらしいです。3日も放っておいて!とお叱りをうけましたが、だったら笑うことないじゃないね~?

まずは親知らず抜歯にともなうリスクについて
 
 ■隣接した歯を傷つけてしまうことがある
 ■下顎に通っている神経を傷つけてしまうことがある
 ■味覚、舌の触感が狂う、失う可能性もある

食べ物の味が変わったりしたらほんっと嫌だな~この先長い人生やっていけるだろうかと本気で悩みだす私に、ドクターは”まっそんなことめったに起きないんだけどね~”とケロッとしてみせ、あぁ私このドクターにお任せしていいのかしら?とちょっぴり不安がよぎりました。

ほっぺたの感染もあり、早めの抜歯が望ましいとのことでさっそく翌々日の水曜日に手術が出来るとのこと。気になる治療代の見積もりは‥なんと$400~500!!!ヤッタ!
$1~2,000くらいかかることを覚悟していた私は耳を疑いましたが、思ったよりもぜんぜん安い!と痛みも一瞬忘れるくらいほっとしました。

実際にGeneral Anesthetic(患者さんを眠らせる、全身麻酔)を使用する場合は数千ドルかかってしまうらしいのですが、こちらのクリニックではLocal Anesthetic(局部麻酔)を使用して手術するため安くなるのだそう。

それではドクター!ここでお会いしたのも何かのご縁でしょうから、ちょっぴり不安ですがお願いします!とまではさすがに言いませんでしたが、抜歯の決意をしました。ほっぺたの感染の治療のため、本来手術の1時間前に飲む抗生物質の投与をその日の晩からスタートし、2日後の抜歯に臨むことになりました。(お薬代は痛み止めを含む4種で$5~60)

次回、抜歯の巻。


未だに薬漬けのべごでした。



にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

メルボルンのくらし | コメント:0 | トラックバック:0
<<メルボルンで歯医者さん:3 抜歯の巻 | (仮)タイトル未定。 Melbourne日誌 | メルボルンで歯医者さん:1 オーストラリアの歯科事情>>
この記事のコメント
コメントの投稿
| (仮)タイトル未定。 Melbourne日誌 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。