トップ画像
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
ディファクトビザ
2010-08-24 Tue 23:31
今回は私が申請中のディファクトビザについて。

現在私のビザはブリッジングビザといってビザがおりるまでの仮ビザみたいなものです。ディファクトビザを申請したのは2010年5月6日‥ただいま結果待ち3ヶ月20日目です。最近ちょっと自分でも忘れかけており『あ、そういえばビザ‥』とたまにふと思い出し、気づけばもうそろそろ4ヶ月!?!?季節もかわりかわってそろそろ春になりますが‥。

はやくいい結果がくるといいのですが‥。


私が現在申請しているビザは『スパウスビザ』(Spouse=配偶者)と呼ばれ、オーストラリア人/市民権保持者/永住権保持者と結婚している人、12ヶ月間以上オーストラリア人と”ディファクト”関係にある人が、パートナーにスポンサーになってもらい取得するビザです。

”ディファクト”De factoというのはようするに『事実婚』関係のこと。結婚はしていないけど、一緒に暮らし、経済的、精神的に支え合い、結婚している夫婦同様の生活をしている人たちのことを言います。

こちらの国では結婚という契約を結ぶ結ばないはカップルの自由、しかし相続に関することや法的なことは結婚している夫婦と同等として扱われます。同性愛者カップルにも同じようにパートナーのビザをサポートする権利があります。

私たち自身も『事実婚』関係にあるんです、なんてすごく躊躇ってしまう感じなんですが、ただつきあっているだけの彼氏&彼女ではこのビザは取れません。あくまで籍を入れていないだけであって身体ともに生活も金銭的にも2人は一緒、夫婦と変わりないんですよ~ということを認めてもらって、取得できるビザなのです。

ではどうやってその関係を移民局に証明するのか?

これが結構大変。

2人のヒストリーを提出、どこで出会って‥いつどうやって交際に発展して‥いつごろから事実婚関係になることを決めたのか‥いつから一緒に暮らしていて‥どのように経済的にサポートしあっているか‥精神的にはどのように支え合っているのか‥2人の将来のプランは何か‥等々を書面に記載して提出したり、一緒に暮らしている証明=共同名義の賃貸契約書、支出を共有している証明=家具を一緒に購入したとか家賃支払い際のレシート、共同名義の銀行口座の明細などを移民局に提出します。

その他、友人や家族からもディファクトカップルとして認知されていることを証明するために2人宛の手紙やパーティーの招待状、友人や家族に証人になってもらい2人の関係を証明する書類を書いてもらったりもします。2人の写真や一緒に旅行した時の航空チケット、お互いやりとりした手紙やe-mail、証拠になるものは何でも!提出します。

私たちは付き合ってしばらくしたころ、”この先結婚とかはまだまだわからないけど、ディファクトビザを申請してオーストラリアで一緒に暮らすかも?”というのを意識し始めていたので、共同名義の口座を作ったり、アパートや電気&水道も常に共同名義で契約して一緒に旅行する時の航空チケットもちゃんと取ってありました。大変だったのはそれをまとめて提出できるようにすること。申請時にディファクト期間12ヶ月以上でないと申請資格もないので、期間も期日も明確に証明します。それをすべてクリアさせつつ担当官にハンコを押してもらえるような資料にまとめるのはなかなか大変でした。



↓パートナービザ申請する方、注目!↓

banner_livingroom_p.gif
living room♪
↑オーストラリア人と国際結婚した方々と結婚の手続きやビザの情報をシェアするサイトです。オージーとの国際結婚の手続きやビザの手続きなどの情報が満載。結婚の手続きをした方やビザ取得した方の体験談もあります。

とりあえず情報量がすごいです。オーストラリアにしばらくいる方ならお友達で同じビザを申請した人にいろいろ質問できる機会もあるかもしれませんが、日本から申請しようとしている方、こちらに来たばかりでお友達がいない方(私‥)にはほんと~にためになるサイトです。

今年3月に観光ビザでメルボルンにやってきた私、同じビザを申請した知人もいないし、とりあえずごちゃごちゃたまっている航空チケットや写真、移民局HPからダウンロードした何十枚にもなる申請書がど~ん!‥‥何からどう手を付ければいいんだ~!と八方塞がりからスタートしたディファクト申請準備ですが、living room♪を見つた時は、パーッと、まさに希望の光が見えたようでした。

このたび管理人timtam様にも快く許可をいただきましてこちらで紹介・リンクさせていただけることをとても嬉しく思います。

ひとりでも多くの人がこのサイトに出会い、学び、励まされ、ひとりでも多くの人が体験談・情報をシェアして、励まし合う、そんな素敵な輪がずっと繋がっていくことを応援します。


さて、話はもどりまして私のディファクトビザ、申請時、確かに『ビザ発行まで通常3ヶ月かかります。5ヶ月くらいたっても何もなければ問い合わせてください。』とは言われましたが、ホントにここまで待たされるとは‥ただの脅しだと思ったんだけどな‥そう言っておけば手続きが長引いても早い段階での問い合わせとか催促の電話が減って移民局ラクできるじゃん‥?(うーんたいした量じゃないと思うけど‥)『何も連絡がない場合は手続きが順調にプロセスされているという証拠なので心配しないでくださいね。』とも言われましたが(疑)、忘れられているとか書類紛失されている可能性だってあるわけで!‥はたまたまったく手付かずの状態で順番待ちとかほったらかしということもありえる‥ありえる~ありえるぞ~オーストラリア!

まっ、はやくビザが降りたら安心できるのですが、就労可能のコンディションにビザを変更しているので仕事も出来るし、問い合わせてもめんどくさそうなのでもうちょっと待ってみます。

のんびり屋さんのべごでした。




にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

ビザ | コメント:2 | トラックバック:0
<<JETSTARセールだ! | (仮)タイトル未定。 Melbourne日誌 | レモンタータ!>>
この記事のコメント
べごさん、こんにちは。

HPを紹介して下さり、ありがとうございます!

早くビザが下りるといいですね!
べごさんからのうれしいお知らせとビザの足跡、楽しみに待ってま~す♪
2010-08-25 Wed 06:36 | URL | timtam #195Lvy4Y[ 内容変更] | top↑
timtamさん

コメントもいただきましてありがとうございます!

サイト運営、陰ながら応援してます!

はやく良いご報告ができますように☆
2010-08-25 Wed 09:15 | URL | べご #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
| (仮)タイトル未定。 Melbourne日誌 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。