トップ画像
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
ディファクトビザ取得!
2010-12-09 Thu 09:17
申請から長い長い7ヶ月後、ディファクトビザが降りました!

申請時の日記1 日記2

今回は2年間のテンポラリービザが発行されました。まだか、まだかと結果を待ち、たまにビザのこと忘れたり、同じ時期に申請したお友達が1ヶ月くらい早く降りたりしてちょっとあれ~っ?て思ったり‥そんなことしてたらいつの間にか7ヶ月も経っていたみたいです。

審査中はイミグレ(移民局)からの質問や面接の連絡などはまったく無く、5ヶ月目くらいにしびれを切らしてメールで審査うまくいってますか?ビザまだですか?と送ったメールには結局”返信なし”。1ヶ月返信を待ったところで電話もかけてみました。12月には降りるかも?ということで、まぁでも特に期待せずに待ってたんですが、毎日郵便受けを空ける瞬間、今日こそは何か届いていますように!という祈るような気持ちだったことは間違いありません。12月7日(月)、いつものように郵便受けを見に行くと、うちの郵便受けには明らかにオーバーサイズな大~きな封筒が折られて入っており、きた!と確信いたしました。

これから2年後にまた申請と審査があり、とうとう”永住権”となるわけです。2人で申請を決心してから大変だった申請準備~今回のテンポラリービザ取得までこれたのは、アレックスの家族からのサポートと友人達の協力があってこそ、そしてなにより2人の強い絆、お互いを思う気持ちと、ずっと一緒にいたいという強い思いがあってこその結果だと思います。よかったよかった。



パートナービザ申請する方へ:(再度ご案内します)

living room♪ 過去ビザ取得された方の情報を中心に、ここさえ見れば高額なビザ申請エージェントの利用はいらない!(ケースによる‥)オーストラリア全国から集められた情報と、サイト主さんを含め心強い先輩方からの教えを直に乞える掲示板などを運営されているサイトです。私も大変お世話になり、私自身のビザ取得までの経緯ものちのち掲載していただく予定です。


天気は荒れ模様→今日は天気いいようだ‥ べご


にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
ビザ | コメント:2 | トラックバック:0
派遣の女
2010-09-01 Wed 16:43
coin.jpg派遣の女inメルボルンの巻、
←あっこれ?これはトピックにあわせまして、お金(マリ○の)。
ティリーン

さて、ビザを申請し、就労可能なブリッジングビザになったのが6月のこと。その前3ヶ月間は観光ビザだったので働くことは禁止。さすがにこの3ヶ月は長かったです‥その間に無給でインターンシップやってみたりヨガクラスに通ったり、引っ越ししたりビザ申請の準備したりでいろいろやってましたが、長いですねー3ヶ月は。

5月も終わりに近づき、翌月6月3日に観光ビザが切れると同時にブリッジングビザに切り替わりますという4日前。移民局からの突然の手紙、まさかもうディファクトビザがおりたか!?との期待をよそに、内容は”6月3日、ビザ切り替えと同時に就労可能になる”というお知らせでした。

*通常、就労に関してはブリッジングビザに切り替わる前のビザのコンディションと同じになるため、私の場合『観光ビザ・就労禁止』→『ブリッジングビザ・やっぱり就労禁止』になるはずでした。しかし、パートナーや家族の収入額と生活費を申告し、ビザの結果を待つ間自分も働かなくては生活ができないという正当な理由がある場合は移民局にコンディション変更の申請が出来るのです。

コンディション変更が許可されるのかも、どれくらい待たされるのかも全くわからない状況だったのにも関わらず、思いがけずこんなに早く(2週間たらず!)就労許可が降りるなんて!予想外の展開に、とびあがるくらいうれしかったです。



‥でも私メルボルンでどんな仕事やりたいんだろう?どんな仕事ができるんだろう???今私は何がしたいんだ?というずっともやもやしていた葛藤が急に現実味をおびはじめたのも事実。引っ越し&ビザ申請もしたばかりで(申請料$2,525、ティリーン)経済的には今すぐにでも稼ぎ始めたいところ‥ワーホリ時代にあった3ヶ月(2005-7年当時)以上、同じ雇用主のもとで働いちゃダメ!のルールも無いしフルタイムでの就労が可能!さぁどうぞ!‥そう言われても人脈もディグリーもないべごは一体このメルボルン・シティーで何ができるのかしら、私アレックスと一緒にくらすためにオーストラリアに戻ってきたけど、私、本当は何がしたいの?‥しばらくぼーっと立ちつくしてしまったべご25歳。現実だなー。リアルだなー。

まっ、ぼーっとしててもお腹は空くわお金は必要だわで、てっとりばやくSEEKで見つけたレストランで夜バイトしながら、昼間に派遣の仕事したり、フルタイムの仕事ややってみたいことを探している感じです。こちらにも派遣会社というのがあり、知人の紹介で登録した派遣会社からアドミン(事務仕事)の5週間の仕事をもらったりしました。ガバメント(豪政府)のオフィスでアドミンアシスタントをしたんですが、超イージーで楽させてもらいま‥いやいやとてもいい経験になりました。あー、公務員ってイイナ!!残念ながら(‥ほんっっっっとに残念ながら)それも先月終わったのでめっきりレストランのバイトだけしながら週3日とか4日の生活をしております。たまにシフトも多くなったり少なくなったりするので不安定です。最近ぼちぼちと派遣会社から電話が来るのですが、バイト中で取れません!!!かけ直したらもうポジションが埋まっていたりします。ムキーーーーッ!!

まっ、こういうのも縁でしょうから、いちいちあせらず待ってみましょう。
参加してみたい講座やTAFEのワークショップなんかを見つけたので、学生の街メルボルン、いろいろ勉強もしてみなくちゃ。


マインドはいつでも前向きにキープしたいなぁ。べご



にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ
にほんブログ村
ビザ | コメント:2 | トラックバック:0
ディファクトビザ
2010-08-24 Tue 23:31
今回は私が申請中のディファクトビザについて。

現在私のビザはブリッジングビザといってビザがおりるまでの仮ビザみたいなものです。ディファクトビザを申請したのは2010年5月6日‥ただいま結果待ち3ヶ月20日目です。最近ちょっと自分でも忘れかけており『あ、そういえばビザ‥』とたまにふと思い出し、気づけばもうそろそろ4ヶ月!?!?季節もかわりかわってそろそろ春になりますが‥。

はやくいい結果がくるといいのですが‥。


私が現在申請しているビザは『スパウスビザ』(Spouse=配偶者)と呼ばれ、オーストラリア人/市民権保持者/永住権保持者と結婚している人、12ヶ月間以上オーストラリア人と”ディファクト”関係にある人が、パートナーにスポンサーになってもらい取得するビザです。

”ディファクト”De factoというのはようするに『事実婚』関係のこと。結婚はしていないけど、一緒に暮らし、経済的、精神的に支え合い、結婚している夫婦同様の生活をしている人たちのことを言います。

こちらの国では結婚という契約を結ぶ結ばないはカップルの自由、しかし相続に関することや法的なことは結婚している夫婦と同等として扱われます。同性愛者カップルにも同じようにパートナーのビザをサポートする権利があります。

私たち自身も『事実婚』関係にあるんです、なんてすごく躊躇ってしまう感じなんですが、ただつきあっているだけの彼氏&彼女ではこのビザは取れません。あくまで籍を入れていないだけであって身体ともに生活も金銭的にも2人は一緒、夫婦と変わりないんですよ~ということを認めてもらって、取得できるビザなのです。

ではどうやってその関係を移民局に証明するのか?

これが結構大変。

2人のヒストリーを提出、どこで出会って‥いつどうやって交際に発展して‥いつごろから事実婚関係になることを決めたのか‥いつから一緒に暮らしていて‥どのように経済的にサポートしあっているか‥精神的にはどのように支え合っているのか‥2人の将来のプランは何か‥等々を書面に記載して提出したり、一緒に暮らしている証明=共同名義の賃貸契約書、支出を共有している証明=家具を一緒に購入したとか家賃支払い際のレシート、共同名義の銀行口座の明細などを移民局に提出します。

その他、友人や家族からもディファクトカップルとして認知されていることを証明するために2人宛の手紙やパーティーの招待状、友人や家族に証人になってもらい2人の関係を証明する書類を書いてもらったりもします。2人の写真や一緒に旅行した時の航空チケット、お互いやりとりした手紙やe-mail、証拠になるものは何でも!提出します。

私たちは付き合ってしばらくしたころ、”この先結婚とかはまだまだわからないけど、ディファクトビザを申請してオーストラリアで一緒に暮らすかも?”というのを意識し始めていたので、共同名義の口座を作ったり、アパートや電気&水道も常に共同名義で契約して一緒に旅行する時の航空チケットもちゃんと取ってありました。大変だったのはそれをまとめて提出できるようにすること。申請時にディファクト期間12ヶ月以上でないと申請資格もないので、期間も期日も明確に証明します。それをすべてクリアさせつつ担当官にハンコを押してもらえるような資料にまとめるのはなかなか大変でした。



↓パートナービザ申請する方、注目!↓

banner_livingroom_p.gif
living room♪
↑オーストラリア人と国際結婚した方々と結婚の手続きやビザの情報をシェアするサイトです。オージーとの国際結婚の手続きやビザの手続きなどの情報が満載。結婚の手続きをした方やビザ取得した方の体験談もあります。

とりあえず情報量がすごいです。オーストラリアにしばらくいる方ならお友達で同じビザを申請した人にいろいろ質問できる機会もあるかもしれませんが、日本から申請しようとしている方、こちらに来たばかりでお友達がいない方(私‥)にはほんと~にためになるサイトです。

今年3月に観光ビザでメルボルンにやってきた私、同じビザを申請した知人もいないし、とりあえずごちゃごちゃたまっている航空チケットや写真、移民局HPからダウンロードした何十枚にもなる申請書がど~ん!‥‥何からどう手を付ければいいんだ~!と八方塞がりからスタートしたディファクト申請準備ですが、living room♪を見つた時は、パーッと、まさに希望の光が見えたようでした。

このたび管理人timtam様にも快く許可をいただきましてこちらで紹介・リンクさせていただけることをとても嬉しく思います。

ひとりでも多くの人がこのサイトに出会い、学び、励まされ、ひとりでも多くの人が体験談・情報をシェアして、励まし合う、そんな素敵な輪がずっと繋がっていくことを応援します。


さて、話はもどりまして私のディファクトビザ、申請時、確かに『ビザ発行まで通常3ヶ月かかります。5ヶ月くらいたっても何もなければ問い合わせてください。』とは言われましたが、ホントにここまで待たされるとは‥ただの脅しだと思ったんだけどな‥そう言っておけば手続きが長引いても早い段階での問い合わせとか催促の電話が減って移民局ラクできるじゃん‥?(うーんたいした量じゃないと思うけど‥)『何も連絡がない場合は手続きが順調にプロセスされているという証拠なので心配しないでくださいね。』とも言われましたが(疑)、忘れられているとか書類紛失されている可能性だってあるわけで!‥はたまたまったく手付かずの状態で順番待ちとかほったらかしということもありえる‥ありえる~ありえるぞ~オーストラリア!

まっ、はやくビザが降りたら安心できるのですが、就労可能のコンディションにビザを変更しているので仕事も出来るし、問い合わせてもめんどくさそうなのでもうちょっと待ってみます。

のんびり屋さんのべごでした。




にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ
にほんブログ村

ビザ | コメント:2 | トラックバック:0
| (仮)タイトル未定。 Melbourne日誌 |
| (仮)タイトル未定。 Melbourne日誌 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。